Wordで文章を作るとき、目次が必要となるときがある。

目次に書くページ番号は、ページ追加するたびに変更しなければならない。

しかし、Wordで見出し設定、ページ設定を行うと目次のページ数、題目が勝手に変わってくれる。

テンプレート(word)
テンプレート(zip)

「1.概略」「2.詳細」「3.その他」は「見出し1」に設定する
やり方は本文の「1.概略」を選択して、Word右上で「標準」になっているところを「見出し1」にする。
「2.詳細」「3.その他」も同じく設定。
横に点が出てきて(印刷はされない)、消したい場合は、「ツール」→「オプション」→「表示」タグの段落記号のチェックを外すとWord文書から消える

「1-1.拝啓」等は目次で一文字下げたいので、「見出し2」にする。

これで、最初のページを改ページにして空白とし、目次を作成する。

最初のページで「挿入」→「参照」→「索引と目次」を選択
「目次」タグをクリックすると、目次のイメージが出てくるので、そのままOK
そうすると、目次が自動的にできる。
表題の文章やページ数が変わった場合、もう一度、「挿入」→「参照」→「索引と目次」と上記処理を行えば更新される。

ただ、このままだと、目次部分が1ページ目とカウントされてしまうので、ページ設定を行う。

「表示」→「ヘッターとフッター」をクリックすると、上下に文字を入力する空間ができる。
下の空間にページ挿入をし、ページ開始番号を0にする
「ページ設定」の「文字数と行数」の部分で、「先頭ページのみ別指定」を選択する。
そうすると、目次はページ数が表示されず、次のページから1ページ目となり、目次のページ数も変更となる。

以上で設定終わり。

便利な機能なので試して欲しい。

昔は表紙を先頭のみ別指定として、目次を作らずにやっていたが、今は目次を先頭にし、表紙を別のWordで作ったほうが効率が良いように思われる。