Excel VBA(エクセル マクロ) 関数集 文字列操作

InStrMidRightLeftLen、SEACH、VALUE、TYPE

・InStr("abcdefg", "c") VBA
文字列"abcdefg"に対し、"c"が何番目にあるか算出する。
この場合だと3が算出される。
"c"が無ければ0を変える。

・Mid("abcdefg", 3,3) VBA,Excel標準関数
文字列"abcdefg"に対し、3番目から3文字取り出す。
この場合だと、「cde」が算出される。

・Right("abcdefg", 3) VBA,Excel標準関数
文字列"abcdefg"に対し、右端から3文字取り出す。
この場合だと、「efg」が算出される。

・Left("abcdefg", 3) VBA,Excel標準関数
文字列"abcdefg"に対し、左端から3文字取り出す。
この場合だと、「abc」が算出される。

・Len("abcdefg") VBA,Excel標準関数
文字列"abcdefg"に対し、文字数を取り出す。
この場合だと7が算出される。

・SEARCH("c", C17) Excel標準関数
セルC17(abcdegf)に対し、cの文字の位置を取り出す。
この場合だと3が算出される。

・VALUE(C17) Excel標準関数
セルC17(123.45)に対し、文字列を数値化する。

・TYPE(C17) Excel標準関数
セルC17(123.45)に対し、文字列か数値か判別する。
数値だと1、文字列だと2。他にも種類があるが割愛する。


忍者Admaxのテキスト広告で収入UP!

実践!ExcelデータベースTOP