Excel VBA(エクセル マクロ) 関数集 配列

Dim koumoku()
koumoku = Array()
LBound、UBound

Excel VBAでの配列使用方法

・Dim koumoku(2) As String
 koumoku(0)〜koumoku(2)の配列を文字列で設定する。

・Dim koukoku()
 koumoku=Array("abc","def","ghi")

 Array設定する場合はVarient型のとなり、下記のような配列の値を設定できる。動的配列で要素数は指定しなくてよい。

 koumoku(0)="abc"
 koumoku(1)="def"
 koumoku(2)="ghi"

 Integer型、String型を無理やり設定するとエラーとなる。
 Dim koukoku() As String ← エラー

・LBound
 配列のインデックス番号の最小値を返す。
 LBouund(koumoku) → 0

・UBound
 配列のインデックス番号の最大値を返す。
 UBouund(koumoku) → 2


忍者Admaxのテキスト広告で収入UP!

実践!ExcelデータベースTOP