Excel VBA(エクセル マクロ) 関数集 フォーマット関数

Format、NumberFormat

・Format("2007/12/01", "yy/mm")
"2007/12/01"の値の形式を"07/01"形式に変更する(文字列に変換する)。

・NumberFormat
Cells(1, 2).NumberFormat = "yy/mm"
セル(1,2)の表示形式を"yy/mm"とする。値の型式はシリアル値のまま。文字列にはならない。
Excelの表でセルを選択した状態で右クリックからセルの書式設定をVBAで行える。
Range("A:A").NumberFormat = "yy/mm"ならA列を変換、
Range("1:65536").NumberFormat = "yy/mm"ならシート全体を変換、という風に拡張できる。
(Rangeを使用するときは""をつけるように。付け忘れてエラーによくなる。)

"G/標準"・・・標準
"@"・・・文字列
"yyyy/mm/dd"・・・日付
"0"・・・整数
"0.00"・・・小数点2桁
"#,##0.00"・・・桁区切り+小数点2桁
"#,##0・・・桁区切り+小数点0桁


表示形式については、日付、数値、文字列とさまざまな形式が入り混じっており、セルの表示形式、値の表示形式とこれもまた異なっているので、FormatとNumberFormatを駆使して、適切なデータ型にあわせこもう。


忍者Admaxのテキスト広告で収入UP!

実践!ExcelデータベースTOP