Excel VBA(エクセル マクロ) 関数集 ファイルのオープン、クローズ

Workbooks.Open、Workbooks.Close

Excel VBAでのExcelファイルのオープン、クローズ方法

・Workbooks.Open
 Excelファイルをオープンする。
 Workbooks.Open Filename:=ThisWorkbook.Path & "\" & "データ.xls"

 VBAを実行しているExcelファイルがあるフォルダの位置は「ThisWorkbook.Path」で取得できる。
 しかし、最後に"\"マークが付いていないので、&(文字列連結子)で付けて開きたいファイルを開く。

 開くファイルが他ファイルとリンクされていて、「リンクを更新しますか?」と言うメッセージをなくしたい場合はUpdateLinks:=0を指定する。ファイルを開く際に途中でVBAが止まるのを防ぐのに重宝する。

 Workbooks.Open Filename:=ThisWorkbook.Path & "\" & "データ.xls", UpdateLinks:=0

・Workbooks.Close
 Excelファイルをクローズする。
 Workbooks("データ.xls").Close

 開いたファイルが他ファイルとリンクされていて、リンクを更新しなくても、「セーブしますか」と言うメッセージがでる。なくしたい場合はWorkbooks("データ.xls").Saved=Trueとしてセーブしたこととしてメッセージをなくす。ファイルを閉じる際に途中でVBAが止まるのを防ぐのに重宝する。

With Workbooks("データ.xls")
 .Saved = True
 .Close
End With


忍者Admaxのテキスト広告で収入UP!

実践!ExcelデータベースTOP