ExcelでFXのロウソク足チャートに必要な値を加工。

Excelツールでロウソクチャートに必要な値を取り込んだ。
データを使いやすいように加工する。

Excelで外部のホームページからFXテクニカル分析に必要なロウソク足の値(始値、終値、高値、安値)を取得した。

このままでは、外部データを更新するたびに、ページが元に戻ってしまうので、他のページへコピーする。

外部データを取り込んだ時、日付を基準として各値が$A:$Eまでに入った。

日付は$A列に入っているので、日付をMATCH関数で検索して、INDEX関数で、日付からの位置のずれで値を取得する。

関数は下記の通り。
=INDEX(元データ!$A:$E,MATCH("日付",元データ!$A:$A,0)+$A3,B$1)

MATCH("日付",元データ!$A:$A,0)で日付の行の列を検索。

INDEX(元データ!$A:$E,++,**)で$A$Eの範囲の++行、**列の値を表示。

MATCH("日付",元データ!$A:$A,0)+$A3(50の値が入っている)で日付から50行下の値を算出。

B$1(1の値が入っている)で日付から1列目(日付が1列目)の値を算出。

以上を組み合わせて下記の関数を作ると、日付から$A3行下、B$1列横の値を算出できる。
=INDEX(元データ!$A:$E,MATCH("日付",元データ!$A:$A,0)+$A3,B$1)

$A3としたのは、値を下や横にコピーした時に、A列固定で行の値をA4,A5と読んで欲しいため。
B$1としたのは、値を下や横にコピーした時、1行固定でB列、C列と読んで欲しいため。



以上でコピー可能となった。

次はローソク足チャートのグラフの作成。

忍者Admaxのテキスト広告で収入UP!

実践!ExcelデータベースTOP