Excel VBA(エクセル マクロ) 小技集そのE グラフにデータが追加された場合自動追加する。

Excelでデータをグラフ化すると、範囲指定をするため、データを追加するたびに範囲指定を変えなければ為らない。
そこで、データが追加されても自動で範囲指定を更新する関数を使用する。

グラフの【元データ】→【系列】で「値」や「項目軸ラベルに使用」でX軸、Y軸に範囲をしてする。

そこに名前定義した物を入れる。

=データ.xls!可変データ
=データ.xls!可変データ2

名前定義
名前:可変データ
参照範囲:=$A$2:INDEX($A:$A,COUNTA($A:$A))
名前:可変データ2
参照範囲:=$B$2:INDEX($B:$B,COUNTA($B:$B))

これで、A列、B列については値が更新されても自動的に行数を取得し、そこまでの範囲をグラフが指定してくれる。

参照範囲の=$A$2:INDEX($A:$A,COUNTA($A:$A))をグラフの「値」等に入れたが、エラーが出てしまったので名前定義をしなければならない。


名前定義は
【挿入】→【名前】→【定義】で行う。

名前に可変データを入れる(可変データは他の名前をつけても良い)。
参照範囲に=$A$2:INDEX($A:$A,COUNTA($A:$A))を入れる。
OKを押す。

名前に可変データ2を入れる(可変データ2は他の名前をつけても良い)。
参照範囲に=$B$2:INDEX($B:$B,COUNTA($B:$B))を入れる。
OKを押す。

グラフデータは
【元データ】→【系列】で行う。
値の部分(Y軸)にデータ.xls!可変データといれる。
項目軸ラベルに使用(X軸)にデータ.xls!可変データ2と入れる。

これで、X軸、Y軸が自動更新される。

実践編はこちらを参照。

忍者Admaxのテキスト広告で収入UP!

実践!ExcelデータベースTOP