Excel VBA(エクセル マクロ) 小技集そのD 列幅、行幅調整

他のシートからコピーしてくると列幅、行幅が調整されない。
自動調整しよう。

Excel VBAで他シートからコピーしてくると、列幅、行幅が調整されず、文字数が多いときはセルで改行されて行が縦長となり、見栄えが悪くなる。

Excelの標準機能として、ツールバーから【書式】→【行】→【自動調整】で調整できるが、VBAで自動的に調整したい。

そこで、AutoFit機能の登場だ。

Worksheets("データ").Cells.EntireColumn.AutoFit

シート:データについて、セル全体の列幅を自動調整する。
Cellsでシートのセル全体、EntireColumnで、列全てを指定している。

これだと問題点が生じる。

文字数が多い場合、1行で全て表示しようとするため、列幅が長くなってしまう。


そうした場合、文字数が多い列については、改行+列幅指定を行って表を整える。

Columns("G:G").ColumnWidth = 60
Columns("G:G").WrapText = True

G列について幅を60ピクセルとし、改行(WrapText)をONとする。

これで表が見やすくなる。



忍者Admaxのテキスト広告で収入UP!

実践!ExcelデータベースTOP