Excel(エクセル)関数逆引き COUNTA関数+INDEX関数を使用して、ある列の最後の行の値の取り出す。

ある列の最後の行の値を取り出したい。
INDEX関数とCOUNTA関数を組み合わせれば可能。

ExcelでVBA(マクロ)を使用せずにExcel 関数のみである列の最後の行の値を取り出したい。

ここは頭をひねって、INDEX関数とCOUNTA関数を組み合わせて行く。

COUNTA関数の使用方法からマスターする。




J143に「=COUNTA(I:I)」を入れている。

I:IでI列すべてを指定。

COUNTAは空白でないセルの数を数えるので、I列の空白でないセルは「139」と出てくる。

つまり、ある列の連続したセルの最後の行番号を導き出せる。


後は行番号と列番号を指定すると値を取り出せるINDEX関数を使用すればOK。

INDEX関数の使用方法はこちらを参照ください。





J143に「=INDEX(I:I,COUNTA(I:I)+1,1)」を入れている。

I:I列の範囲で、COUNTA(I:I)+1行目、1列目の値を取り出し、「71.25」の値を得る

COUNTA(I:I)+1としたのは、I列の1行目(I1)が空白のため、+1として微調整している。

COUNTA(I:I)とすると、最後の行から2番目の値「71.42」の値が出てくる。

ここのあたりは、作った表の性質があるので、微調整してください。


これで、ある列の最後の行の値を得ることができる。


忍者Admaxのテキスト広告で収入UP!

実践!ExcelデータベースTOP