Excel(エクセル)関数逆引き 条件付き書式 作った書式を他の行、列、セルにコピーして、行ごとに書式を設定する方法

Excelで条件付き書式で作った書式を他の行、列、セルにコピーし、その行の値に応じて行の条件付き書式が適用されるようにする。

Excel関数でカレンダーで条件付き書式を設定したが、他の行へのコピー方法を説明する。

条件付き書式を設定したが、他の行へコピーすると値もコピーされてしまうし、新たに列や行を追加したら、条件付き書式は適用されないし、こういうときはどうするのと私は悩んだので記載する。



条件1:=OR(WEEKDAY($A3)=1,WEEKDAY($A3)=7,ISERROR(MATCH($A3,INDIRECT("休日表!A2:A50"),0))=FALSE) 青色塗りつぶし

条件2:=$E3<>"" 水色塗りつぶし

条件3:=$E3="" 橙色塗りつぶし


条件付き書式の設定する時にコピーした時にどうしたいかを入れておかなければならない。

上記の場合であるが、条件1ではA列の値が土日、設定した日付の場合は青色塗りつぶしとしたいため、A3で書式を作成し、A3の部分を$A3とした。$A$3だと、コピーしてもA3固定となってしまうので、$A3として、$AでA列のみ固定して、3で$をつけないことにより、行はコピーした行が入るようにしている。

条件2,3はE列が空白か空白でないかを条件として判断して塗りつぶしを変更している。$E3としているため、E列固定で行はコピーした行が入る。

ここで、A3で条件付き書式を作っても、A3だけが適用されて面白くない。

他のセルにも条件付き書式をコピーしたい。

そこで、Excelの形式を選択して貼り付けを使用する。

A3をコピーし、コピーしたい範囲を選択して、Excelツールバーの【編集】→【形式を選択して貼り付け】か右クリックしてダイアログを出して、【形式を選択して貼り付け】を選択し、【すべて】が選択されているのを
【値】に変更して【OK】ボタンを押すと、コピーしたいすべての範囲にA3で設定した条件付き書式が適用される。

さらに、行番号は固定していないので、行番号は貼り付けた行番号に変更される。固定したA列、E列は変わらない。


そうすると、B14の条件付き書式はどうなっているかというと

条件1:=OR(WEEKDAY($A14)=1,WEEKDAY($A14)=7,ISERROR(MATCH($A14,INDIRECT("休日表!A2:A50"),0))=FALSE) 青色塗りつぶし

条件2:=$E14<>"" 水色塗りつぶし

条件3:=$E14="" 橙色塗りつぶし

となっており、A列、E列の値に応じて塗りつぶしの条件が変わるようになっている。

Excel関数でカレンダーでも詳しい方法が書かれているので参考にしてください。

列を追加した場合は、追加した列に上記の方法で、条件付き書式が設定されているセルをコピーして、形式を選択して書式のみ貼り付けを行う。行が追加された場合も同様である。

列挿入でE行判定が、F行判定になってしまった場合は、あるセルの条件付き書式の条件2,3のEをFに直して、直した条件付き書式のセルをコピーして、すべての範囲に対して形式を選択して書式を貼り付ければ同じようにどうさする。


ソースのダウンロードはこちら



忍者Admaxのテキスト広告で収入UP!

実践!ExcelデータベースTOP