Excel VBA(エクセル マクロ) そのB 外部ファイルの取り込み

複数の外部ファイル(Excelファイル、Accessファイル)を
一つのExcelファイルにまとめる。
今回のVBA作成に当たっての最重要項目。

今回は外部ファイルの取り込みを行った。

Accessからはフィルタをかけて取り込んだが、他のExcelからはそのままのデータを取り込んだ。

Accessからのファイルの取り込みは、ツールバーの【データ】→【外部データ取り込み】→【新しいデータベースクエリ】をクリックして、Ms Access DataBase*を選び、取り込みたいファイルを参照して、検索条件を入れて行えばすぐに取り込めた。

問題はExcel。上記方法でExcel Filesを選んで実行しても取り込めない。

ということで、まずはブック間のワークシートのコピーを行うこととした。

コピーということで、以下の構文を使うこととした。

Workbooks("データ.xls").Worksheets("データ").Copy After:=Worksheets("データまとめ")

データ.xlsのデータというsheetをデータまとめへコピーすることを試みたがエラー。

この方式だと、シートを新規に作成して「データまとめ」の後ろへコピーする構文のようだ。

ということで、以下のように変更。

Workbooks("データ.xls").Worksheets("データ").Range("1:65536").Copy Worksheets("データまとめ").Range("A1")

Rangeで指定したら、「データまとめ」へコピーしてくれた。

これなら、オートフィルタをかけてコピーが可能なようだ。

次回は、フィルタをかけて必要な部分のみコピーしてみよう!!
忍者Admaxのテキスト広告で収入UP!

実践!ExcelデータベースTOP