Excel VBA(エクセル マクロ) その@ VBAを起動せよ

まずはExcel VBAを記述し、起動させる。
全ての始まりだ。

Excel VBAってどうやって動かすのからはじめなければ為らない。。


まずは、VBAの記述方法、実行方法だ。

VBAの記述方法はExcelのツールバーから【ツール】→【マクロ】→【Visual Basic Editor】を選択して、VBEを起動させ、【挿入】→【標準モジュール】でモジュールを追加する。

ここに、

sub 表示
  MsgBox "VBA start"
End Sub

とかいて、ツールバーから【実行】を選ぶと「VBA start」というメッセージボックスが表示された。

また、Excelのツールバーから【表示】→【ツールバー】→【フォーム】を選ぶといろいろなマークのダイアログが表示されるので、ボタンのマークを押す。
そうすると、カーソルでボタンを作成でき、作成した後【マクロの登録】のダイアログが表示されるので、先ほど作成した「表示」を選択し、OKボタンを押すと、ボタンが作成完了。


作成したボタンを押すと「VBA start」というメッセージボックスが表示された。


後で位置や大きさやボタン名を変更したいときは、右クリックで変更できる。


すべてはここから始まった。


次はAccessファイル、他のExcelファイルから、現在作成しているExcelファイルへのデータの取り込みだ。

忍者Admaxのテキスト広告で収入UP!

実践!ExcelデータベースTOP