ASP,VBSでAccessデータベース操作 その@ IISをインストールしてASPを起動せよ

まずはIISのインストールと設定。そして、ASPを記述し、起動させる。
ここまでが長い道のりである。

ASPってどうやって動かすのからはじめなければ為らない。。


ASPを動かす環境整備からはじめる。

といって、OSのバージョンによって動かないから初めは手が出せなかった。

IIS(Internet Information Services)がインストールできないと動かないのである。

【動く環境】
WindowsNT、2000
WindowsXP Professional(HOMEは×)
Windows Vista Business、Ultimate(HOMEは×)
Windows Serverシリーズ

以前XP HOMEに無理やりインストールしようとしたが無理であった。

結局Win XP HomeからProfessionalへアップグレードするソフトを買ってアップグレードして環境を構築した。

しかし、動くOSを入手しても最初からインストールされていない。

Windows XP ProのインストールCDにオプションとして入っているのでそこからインストールする。

【スタート】→【コントロールパネル】→【プログラムの追加と削除】→【Windowsコンポーネントの追加と削除】を選ぶと、Internet Information Services(IIS)のチェックが外れているので、チェックして次へといく。サブ・コンポーネントのインストールをどうするかと聞いてくるので、必要な物(FrontPage 2000 Server Extensionsとヘルプぐらい?)をインストールする。サーバーとして使用せずテストのみの使用のため、FTPやWWWやSMTPはチェックを外しておいた。

この設定については他の本やインターネットの記事をみて自分にあった設定をしてください。

OKを押すとWindowsインストールCDが必要になるのでCDからインストールする。


次にIISの設定。

IISを起動し、右側のエクスプローラ画面の「Webサイト」の下に「既定のWebサイト」があるのでホームディレクトリ(ASPを実行可能なフォルダ)を設定する。

無事にインストールできれば、【スタート】→【コントロールパネル】→【管理ツール】を選ぶとインターネット インフォメーション サービスのアイコンが出てくる。

「既定のWebサイト」を右クリックしてプロパティをクリックするとローカルパスの設定があるので、ASPがあるフォルダを選択する。

その他の設定については、私の場合はテストのみの使用のため、スクリプトソースアクセス、読み取り、書き込み、ディレクトリの参照はチェックを外して、クライアントからのアクセスを極力無効にした。

この設定については他の本やインターネットの記事をみて自分にあった設定をしてください。

この設定が終わった後、再び「既定のWebサイト」を右クリックして開始をクリックすれば、IISがスタートする。

設定したホームディレクトリに下記のようなtest.aspのASPファイルを入れて

Internet Explorerのアドレスにhttp://127.0.0.1/test.aspと入れて「heloo asp」が表示すればASP起動完了。


[test.aspのソース]
<%@Language="VBScript" %>
<html>
<head>
<title>ドキュメント情報の表示</title>
<body>
<%
Response.Write "heloo asp<br>"
%>
</body>
</html>

ASPのテストが終われば、「既定のWebサイト」を右クリックして停止する。

自サーバーとして公開して無くても、なるべくパソコンがサーバーとして起動する時間を短くしておく。

長かった。会社のサーバーにPERLがインストールされておらずIIS頼みで、データベースはAccessなのでこうなった。

ASPはどうやらビジネス向けのようで、趣味でやるようなものでないらしい。

ようやく始りだ。


次はテキストファイルの読み込みをやる。



ASPでAccess操作TOP